るねの日常

有限と無限を超えた無限へ

ヘルマンヘッセ

ああ、私は木の死を知りたい、土の死を知りたい

葉の死を知りたい、またもう一度、いや何度でも

死を知りたい。私は何度でも生きよう。

 

人間の人生を全肯定し、万物への慈悲を込めたヘッセの言葉は

肉体を柔らかく包む。