るねの日常

有限と無限を超えた無限へ

常識の幅

食べない人間、なにも食べなくとも生きている人間。そんなことありうるのか

 

常識の枠を超えて、世界をみる。

自分の価値観に揺らぎ、遊びをもたらす

それが学ぶ醍醐味だ。

 

価値観が凝り固まると、肉体の柔軟性も失われる

 

固定化せずに、流す、ゆるく、うつろう、、、、

 

食べない人間がいるんだ。