実体験から導きだした唯一の必勝法

俺がナンパし始めたのは、中2の携帯をゲットしたころ。(大学まではネトナンしかしたことないが)

当時、SNSでの出会い系は、mixiとモバゲーとエスタというものだった。

このうち、中2〜中3のころ出会えたのは、エスタがダントツだった。(多くが自撮り写真をアイコンにしてるFBの匿名版みたいなものだった)

初体験もエスタで釣ったヤンキー系ギャルだった。
バスで一時間かけて自宅まで来てくれた。

この中2から高校卒業までは、ナンパはネトナンしかしたことがない。

中2から高校卒業までネトナンで即った人数は100を超えていた。
周りの友人は、俺にSNSのやり方をことあるごとに聞いてきて、ちょっとしたコンサルみたいなことをしていた。

感覚的にしているSNSテクニックを言語化して誰もが使えるようにするのは非常に難しく、ある友人がSNSで評判を落とし不登校になってしまう事案が発生したりした。(学校の女子に総スカンをくらいシカトされたそう)

エスタは衰退し、モバゲーとmixiに移行。

モバゲーが衰退し、mixiツイッターへ移った。
その後mixiも過疎に

ツイッターは大学に入ってから登録し大学一年時から現在まで安定して釣れている。

ネトナンをしていて気付いたことは、やはりどんなにテクニックを駆使して会話を盛り上げようが会える時は会えるし、会えない時は会えない。

1つ言えることは、
数に勝るものはないということ

ネトナンでもクラナンでもストナンでも数でしか率はあがらない

数に勝るものはないと思う

どんなにテクニシャンでも
数が足りないと率は低い

当たり前のことだが、数に尽きるとしか言いようがない

たんたんと石を投げ続けていると
必ずあたる

もちろん最低限の準備はしなくはいけない

ナンパが成功しない理由を探して
ジョジョに改善し自分のスタイルを構築することと、数を増やすこと


この2つが万人に共通してアドバイス出来ることだと思う。

それではまた次回